水素水のシミ・シワへの効果

紫外線には3つの種類がある

紫外線

紫外線のダメージによって発生するシミやシワ。
実は、紫外線には3つの種類があり、
肌に与えるダメージも少しずつ違ってきます。

 

紫外線は、波長が短いものほど肌へのダメージが大きいとされています。

 

 

紫外線の種類

 

紫外線A(UV-A)

 

私たちがいちばん浴びることの多いのがUVA
普段浴びる紫外線の99%といわれ、A〜Cの中では元も害が小さいといわれています。

 

しかし、表皮を貫いて真皮まで届くためメラニン色素を作りだし、
シミやシワの原因となるので要注意です。

 

本来、メラニンは、肌の細胞を紫外線から守るものですが、
紫外線を浴び続けることで発生する活性酸素
コラーゲンやエラスチンを破壊しシミやシワができやすい環境を作ってしまうのです。

 

UVAは、夏だけではなく、春秋冬一年中地上に降り注いでいるので、
シミやシワを予防するためには、一年中ケアをする必要があります。

 

 

紫外線B(UV-B)

 

UVBは、成層圏にあるオゾン層によって吸収されることが多く、
地球にはほとんど届かないといわれていますが、
オゾン層の破壊が進んでいるため100%安心できないのが現状です。

 

特に注意したいのが紫外線が強くなる夏の時期。
UVBが届くのは表皮までですが、UVAよりも強力で
肌を赤くしたりヒリヒリとした痛みを与えることも。
美容への影響はもちろん、皮膚がんの原因とも言われています。

 

 

紫外線C(UV-C)

 

紫外線の中で最も強力で、UVB以上に皮膚がんとのつながりが深いことが分かっていますが、
オゾン層によって吸収され、地上には到達しません。

 


UVAを浴びてからシミ・シワができるまでの流れ メカニズム

紫外線を浴びてからシミ・シワができるまでの流れを簡単にご紹介します。

 

 

UVAを浴びてからシミ・シワができるまでの流れ

@UVAを浴び続ける
  ↓
A有害なUVAから肌を守ろうと活性酸素が大量発生
  ↓
B余った活性酸素が肌の老化を促進
  ↓
Cメラノサイトがメラニン色素を作りだし活性酸素ダメージを緩和
  ↓
D今度は余ったメラニン色素がシミを発生

 

 

特に、Dは新陳代謝が大きく影響しているので、
年齢を重ねるほどシミができやすいといわれています。

 

紫外線と水素水

女医

水素水は、光老化を起こすUVAが発生させるシミやシワの予防効果が期待できます。

 

 

水素が持つ抗酸化作用は、活性酸素を無害な水へと変化させ体外へ排出するもの。
しかも、肌へ悪影響を与える悪玉活性酸素のみを排出させることがわかっています。
もちろん、日焼け止めなど外側からの対策も必要ですが、
シミやシワを予防するためには内側からのケアも大切です。

 

 

水素水はできてしまったシミやシワに効果はないの?

今のところ、水素水はシミ・シワの予防までしか科学的に証明されていません。
テレビ番組では「水素水で肌がきれいになった!」などの特集が組まれることがありますが、
個人の意見というところでおさまっているようです。
現在、研究が進められているところなので、今後に期待しましょう。